Disco Time machine - Back

         
 




【2017年10月14日 SOUL大臣ライブ!


   

 

2017年9月度
ベストヒッツSTG

 

KING OF POP マイケル・ジャクソン

 世代的には、ジャクソン5の「帰って欲しいの」「ABC」「ベンのテーマ」「アイル・ビー・ゼア」「窓辺のデイト」「ダンシング・マシーン」、ジャクソンズの「僕はゴキゲン」「愛ある世界へ」「青春のハイウェイ」「今夜はブギー・ナイト」「シェイク・ユア・ボディ」、ソロになってからの「今夜はドントストップ」「ロック・ウィズ・ユー」「オフ・ザ・ウォール」「ビリー・ジーン」「スリラー」といった所だが、あらためて「スリラー」以降のショート・フィルムをMTVで見て、KING OF POPの芸術性の高さとテーマの深さを感じ、喪に服した。
 
最後のオリジナル・アルバムとなった2001年の「インヴィンシブル」が良かっただけに、POPで有り続ける事の難しさを思い知らされた。



東京の夜を彩った「ディスコ」と「人々」の伝説・・・、貴重な映像や証言集で綴る東京ディスコ40年史
「あなたにとってディスコとは何ですか?」
この問いかけに一言で答えるのは難しいかもしれませんが、40年の夜の歴史が綴られたドキュメンタリーを見ながら、自分の中で続いている終わらない夜を想い出してみるのも良いかもしれません。
時代と共に文化、流行、風俗は移りゆくものでありますが、出演者の強力なラインナップを見ただけでも、時代の香りが甦ってきます。
踊るっていうのは自己表現。舞台で他人が踊っているのを見に行くのではなく、自分が踊りに行く訳で、若干のモチベーションが必要だったりしますが、スポットライトに当たって得られる解放感や陶酔には、やはり爽快なものがあります。
クラブ世代にとっては、オールドスクールということになるかもしれませんが、煌めく夜の世界の証言集は、未来の物語にもつながるはず・・・


 ソウル・ミュージックが語られる際、街の名前を冠して呼ばれる事が多いのですが、シカゴ・サウンド、シャイ・ライツ、インプレッションズといったボーカル・グループが良く知られています。
58年「フォー・ユア・プレシャス・ラヴ」のヒットで一躍有名になったインプレッションズ。ジェリー・バトラーが脱退した後、インプレッションズは、「ピープル・ゲット・レディ」「キープ・オン・プッシン」といった公民権運動に根ざした曲を送り出します。後に、カーティス・メイフィールドはソロとなり、70年代ニュー・ソウルを代表するアーティストとして知られています。68年に自身のレーベル「カートム」を設立、70年のアルバム「カーティス」から「ムーヴ・オン・アップ」、72年映画のサントラとなったアルバム「スーパー・フライ」からはタイトル曲「スーパー・フライ」「フレディーの死」、73年の「バック・トゥ・ザ・ワールド」からは「フューチャー・ショック」といった曲がおなじみです。
76年のアルバム「ギヴ・ゲット・テイク ・アンド・ハヴ」は、ラヴ・ソングの比重が増してくる時期の作品として語られる事が多く、「スーパー・フライ」「バック・トゥ・ザ・ワールド」、「ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ・トゥデイ」に比べるとあまり知られていないかもしれません。しかし・・・ジャケットが女性が横たわっている絵で、当時の邦題「お前はしっかり俺のもの」と聞くと、「おっとアレか」と頷く方も多いかも・・・
 まずは、何と言ってもこの曲「オンリー・ユー・ベイブ」、女性コーラスグループのキティ・ヘイウッド&ザ・ヘイウッド・シンガーズとの掛け合いが実にカッコ良く、ソウル・チャートでヒットしたのでFENでも結構かかっていました。「イン・ユア・アームス・アゲイン」「ゲット・ア・リトル・ビット」は、カーティス・メイフィールドの独特なスリリングな魅力が漂う都会的なナンバー。「ミスター・ウェルフェア・マン」は社会的なメッセージ色の強いナンバーで、74年にカーティスが手がけた映画「クローディーン」のサントラ盤では、グラディス・ナイト&ザ・ピップスがこの曲を収録しています。また、ある意味、このアルバムでのハイライトともいうべき「パーティ・ナイト」「ソウル・ミュージック」の2曲は、70年代のソウル・トレインを彷彿とさせる意外なほどにストレートなナンバー。そして、「ディス・ラヴ・イズ・スウィート」「P.S.アイ・ラヴ・ユー」はとってもスウィートなバラッドということで、渋くもほぼ全方位から攻めてきます。
76年はスティービー・ワンダーの「キー・オブ・ライフ」を筆頭として、ソウル・ミュージック豊作の年。カーティス・メイフィールドの「ギヴ・ゲット・テイク ・アンド・ハヴ」は、同じ時期にヒットしたマーヴィン・ゲイの「アイ・ウォント・ユー」、ジョニー・テイラー「Eargasm / ディスコ・レイディー」と聴き比べてみると面白いかも。


カーティス・メイフィールド「ギヴ・ゲット・テイク ・アンド・ハヴ」

1.イン・ユア・アームズ・アゲイン/2.ディス・ラヴ・イズ・スウィート
3.P.S.アイ・ラヴ・ユー/4.パーティ・ナイト/5.ゲット・ア・リトル・ビット
6.ソウル・ミュージック/7.オンリー・ユー・ベイブ/
8.ミスター・ウェルフェア・マン/9.オンリー・ユー・ベイブ(シングル・エディット)


アル・グリーン「アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」

 72年、アル・グリーンの名盤。女性ファンに人気があるソウルミュージックの男性ボーカリストとして、テディ・ペンダーグラスやマーヴィン・ゲイなどの様に常に名前があがっていた事などを思い出した。それぞれスタイルが違うので、異なるタイプの女性ファンがついているのかも・・・アル・グリーンは、日本の洋楽シーンでも人気があり、AMラジオの洋楽番組などでも良くそういう曲紹介をされていたと思います。

 
60年代から70年代、ポップなモータウン・サウンドとは一線を画して、ゴスペルフィーリング溢れる土臭いリズム&ブルースとして人気のあったメンフィス・サウンド。スタックス・レコードやハイ・レコードといった所で、今でいうサウスなのかな?

ハイ・レコードを代表するアーティストが、アル・グリーン、アン・ピープルズ、オーティス・クレイ、O.V.ライト、シル・ジョンソンなどです。

 
メンフィス・ホーンズ、ストリングス、ハイリズムがその独特な土臭い魅力を放つ事に加え、アル・グリーンは、ソウルフルな柔らかい歌声にファルセットが絡んでソフトな色気を醸しだしていて、曲によっては、妙に切ない気持ちにさせてくれます。ゴスペル・グループから活動を開始し、70年代ソウル・シーンでその人気を欲しいままにした後、ゴスペルと教会の世界に入り、そして現在、ソウル・シーンの最前線でなお活躍しているアル・グリーン。

 「アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」は、「レッツ・ステイ・トゥゲザー」が大ヒットした後に出たアルバムで、後に74年の「シャ・ラ・ラ」が大ヒットしたのでアルバム「コール・ミー」と共に意外と埋もれている名盤かもしれません。この中からは「アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」「ルック・ホワット・ユー・ダン・フォー・ミー」がヒットしていますが、語り継がれる名曲「ラヴ・アンド・ハッピネス」は街のソウル・バーで、一度は聴いた事があるはず。きっと、とっても優しい気持ちにさせてくれるでしょう。
東京でのライブ・アルバムを出した事もあるのだから、また、来日してくれないかなあ。

アル・グリーン「アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー」

1.アイム・スティル・イン・ラヴ・ウィズ・ユー/2.アイム・グラッド・ユーア・マイン
3.ラヴ・アンド・ハピネス/4.ホワット・ア・ワンダフル・シング・ラヴ・イズ
5.シンプリー・ビューティフル/6.オー、プリティ・ウーマン
7.フォー・ザ・グッド・タイムス/8.ルック・ホワット・ユー・ダン・フォー・ミー
9.ワン・オブ・ディーズ・グッド・オールド・デイズ


mimi 「アティチュード」ATTITUDE

 30年のキャリアを誇る本格派レディ・ソウル、mimi(宮本典子さん)の新作アルバム「アティチュード」。現在、活動の拠点をアメリカにおいておられて、前作のアルバム「エレメンツ」からは暫くぶりのリリースでありますが、昨年も来日されて公演も行っておられるので、音楽ファンにとっては、とても近い存在であります。

 アカペラ・スタイルに始まり、ほとばしるビートとファンクの発露が余す所無く滲み出ていて、内なるソウルが溢れ出るボーカルは聴く側の意識を高揚させ、極上のナイト・クラブでライブを聴いている様な錯覚に陥ってしまいます。改めてボーカルの魅力、mimiの声の持つ力を気づかせてくれました。

 昔から良くご存じの古くからのファンの方だけでなく、昨今、若いR&Bファンの方も増えていますので、ぜひ若い方にも聴いて欲しいアルバムです。

 特にジャケット、解説には、mimiがこれまでに歩んでこられたR&Bの歴史が詳しく記され、スリー・チアーズ、サイド・エフェクト、グラハム・セントラル・ステーションでのライブステージ風景、ブーチー・コリンズ、ロジャー・トラウトマン、ジョージ・ジョンソン、ナニワ・エキスプレスなどとの貴重な写真が満載で、人種を超越したアーティストの背景が良く理解できる構成になっています。

 静かな夜に聴き入るのも良いし、勿論、軽く踊りながら聴き入るのも良い。でも、やっぱり最上のレディ・ソウルは、都会の片隅で良く冷やしたお酒と一緒に、泣きながらソウルフルにEnjoyするのが一番かもしれません。

・・・ということで、Genta氏より一言頂きました。
「アティチュード」は何回聴いても良いね。さびも良い!
たぶん彼女は、本当にこれがやりたかったんじゃないかな。・・・

mimi 「アティチュード」

1.ハッピー・トゥ・シー・ユー・アゲイン/2.キープ・イット・トゥゲザー
3.ベイビー・ベイビー/4.ホワイ
5.エヴァーラスティング・ラヴ/6.コール・ミー
7.アイ・ニード・ラヴ/8.イフ・ユー・ディドゥント・ノウ
9.グリーン・ライト/10.カウント・オン・ミー (フィーチャリング・ジェイミー・ジョーンズ)
11.ソング・フォー・ユー

プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック
-ディスコ・クラシックス-

2CD/36TRACKS/MHCP-1104〜5
discodaisuki.com
(特集記事→)
ディスコ・クラシックス、ダンス・クラシックスは、Disco, Clubでも既に定番となりつつあります。
最近、「フロアで良くかかっているこの曲が好きなんだけど、タイトルとアーティストが分からない・・・」という話を良く聞く様になりました。


CANDY POPS ! 2
MHCP-1048


(特集記事→)
70年代末から80年代初頭に炸裂した「キャンディ・ポップ」を収録した本命盤、噂の第2弾が登場。クラブ・ミュージックとしては、ヨーロピアン・ディスコ、ミュンヘン・サウンド〜ハイ・エナジー、ユーロ・ビートの間の時期でしょう。
ノーランズ」「ザ・ドゥーリーズ」「アラベスク」「エミリー・スター・エクスプロージョン」「2プラス1」「トリックス」「ドリー・ドッツ」「アンジー・ゴールド」「バカラ」「キム・クラーク」「ニュートン・ファミリー」「マルコ・ポーロ」「シャンディ・シナモン」
このアーティスト名だけでも、深い、そして渋い。可愛らしいアルバム・ジャケットは、お洒落で楽しいのですが、この中身は渋すぎる・・・

カット・アップ・サルソウル・ミックスド・バイ・アルティカット・アップス!
VICP-63970
特集記事→